『マティス 自由なフォルム展』チケットの取り方は?当日券やグッズ情報など調査‼︎

昨年、東京都美術館にて20年ぶりに大回顧展が行われたマティス展ですが2024年は国立新美術館に再びマティスがやって来ております。

今展最大の魅力はマティスの愛した手法「切り紙絵」を本格的に展示。4×8メートルの大作「花と果実」は日本初公開となります。

この記事では

「マティス 自由なフォルム」展のチケットや当日券の取り方、グッズなど詳細情報をまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

マティスの作品を新たな視点から楽しむこの展示に、ぜひ足を運んでみてください。

watashi

ネタバレは極力しませんので安心してご覧ください。

スポンサー広告
目次

「マティス 自由なフォルム」展 当日券の取り方

当日券金額

一般2,000円
大学生1,200円
高校生800円
 中学生以下無料

前売りチケット2月13日で終了しており、現在は当日券の発売になっております。

当日券の入手方法

  • 国立新美術館チケット売場
  • ART PASS(オンラインチケット)
  • 美術展ナビチケットアプリ(オンラインチケット)
  • 日テレゼロチケ
  • e+(イープラス)
  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
  • セブンチケット

事前予約は不要ですが、混雑時には入場を規制する場合があります。

当日券は国立新美術館チケット売場でも発売されておりますが、混み合う時期や時間帯に入館される方はオンラインチケットが待ち時間が減るのでおすすめです。

watashi

国立新美術館は混雑する場合、チケット売場に列ができるのでオンラインチケットがあると入館待ちだけで済みます

「マティス 自由なフォルム」展の詳細

会期

2024年2月14日(水)~5月27日(月)

休館日

毎週火曜日(4月30日(火)は開館)

開館時間

10:00 ~ 18:00(毎週金・土曜日は20:00まで)

※入場は閉館の30分前まで

会場

国立新美術館 (企画展示室 2E)

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

この記事をシェアする

この記事を書いた人

▷watashiについて
都内被服の短大卒業後、DTPの専門学校へ
アパレル商社とメーカーでデザインを経験

文部科学省後援「色彩検定」2級取得
二科展デザイン部 出品
アクセサリー製作、WEBショップ運営歴あり

▷このサイトについて
じぶんの機嫌を自分自身で上手にとれたなら、心地いい1日が過ごせるはず。
ファッションを中心に、
あなたが機嫌よく過ごすためのくふう・もの・こと・いろどりをお届けします。

コメント

コメントする

目次